BLOGスタッフブログ

重量物の取扱実績

2016.07.30

暑い日が続いておりますが、お変わりないですか?

 

今日は、私たちが日常取り扱っている「重量物」についてお話したいと思います。

 

そもそも重量物とは何ぞや?ですが、
明確に何Kg以上のものという定義があるわけではありません。

法令等を参考にしますと、「人が持ち上げるのが困難なもの」というのが、ある程度の目安になります。

大人の男性だと、持てる重さはだいたい50Kg程度ですよね。

それを運ぶとなると、更に、「落とさない」「傷をつけない」となると、パーフェクトヒューマンでもかなり大変な作業だと思います。

 

ほんの一例ですが、日常私たちが取り扱っている重量物をまとめてみました。


重量物の取扱実績一例

  • 大型精密機械
  • 工場設備
  • 什器
  • 什器部品
  • 重金属
  • 金庫
  • 大型電光看板
  • 乗用車エンジン、乗用車ミッション、車両部品
  • 航空機タイヤ
  • 公園用遊具(滑り台、鉄棒など)
  • ボイラー
  • ピッチングマシン
  • ラグビーのタックルマシン

挙げるときりがない位ですが、学校や施設などで使用する靴箱などもありました。

重さは、軽いもので50Kg程度から、1t超のものまで。

重量物は、重たいのはもちろんですが、
重さに比例してサイズ(高さ、幅、奥行き)が大きくなります。

大きいほど、ぶつけたり壊れたりするリスクは高くなりますから、
私たちは傷が付かないようしっかり養生し、パワーゲート車という昇降機が付いた車両で搬送します。

 

お届けまでお時間がある時は、搬出から搬入場所までの下見も行っています。

ちょっとした段差だったり、階段や通路の幅が狭くて断念…これが意外にありがちなのです。

前もって下見を行うことで、そのような心配もなくなりますし、

お客様の計画通りの搬入搬出が行えます。

ご用命がありましたら、ぜひぜひお早めにご一報下さいね!

もし、大人が二人がかりで運べないようなものがありましたら、いつでもご連絡をお待ちしております。